ストレス社会にONEPIECEを。

考察/感想/学びや気づきを発信していきます

ドレークの能力アロサウルスは音で戦う恐竜だった!?【ONE PIECE考察】


f:id:banbibibiii:20211128145143j:image

こんにちはー!

ONE PIECE考察を記事あげたり、ツイートしたりしております

ばんびといいます!

 

本日の考察は以前ツイートをしたのですが、普段のつぶやきよりも反応をあまりいただけなかったため、改めて少し付け加えつつ、記事にしていこうと思いました。

自信結構あったのに!笑

最新話1032話付近の話も含まれますので、ご注意下さい!

 

ドレークさんは本日の1001話のアニメワンピースでも丸々一話ドレーク回で、トレンドにもなっておりましたね!

最後まで読んでいただけると嬉しいです!

よろしくお願いします!

 

1.こういう恐竜

 

まず、こういう恐竜シリーズが百獣海賊団では

・ササキ

・クイーン

・キング

といった順番で登場しました。

内容は

トリケラトプスはヘリケラトプスで、プロペラのようになり、空を飛べる

ブラキオサウルスブラキオ蛇ウルスで、胴体を置き去りにして蛇になれる

プテラノドンうどん

でしたね!

 

こちらは、このツイートのように過去にこのように考えました!

 

結構いいとこついていると思うんですよねー!

尾田先生はこの恐竜の語呂から発想・着想を得たのだと思いました!

 

この発想からドレークのアロサウルスを推理できそうじゃないですか?

アロサウルスについて考えてみましょう!

 

2.アロサウルスはどういう恐竜?

 

アロサウルスの初登場はシャボンディ諸島で黄猿と戦う時でした。

この時もアプーが音で黄猿を爆破してましたが、

現在、相対しているCP0にもアプーが音で爆破してドレークを救いましたね!

 

結論言います。

アロサウルスとは、背のボコボコを押して奏で、音を矢のようにして戦う恐竜です!


f:id:banbibibiii:20211128145207j:image

このように考えたのは

アロサウルスという名前です。

”アロサウ”ルス=アローサウンド

このように発想したのでは?と考えております。

 

このように考えた根拠はまだまだあります。

 

3.X・ドレークと音の関係性

 

実は最近、音についての描写が結構あります。

オトオトの実 アプー

・三味線の音に反応する閻魔

・ヤマトを追うフーガ(フーガは音楽用語)

・キラーの音の技 音撃ソニック) ⇒刃音撃、鎌阿音撃

・ブルックの「音楽は力

・音を無くすコラソンナギナギの実

など、新世界編入って、特に最近の出来事ばかりじゃないでしょうか?

 

また、ドレーク対アプー戦において、

ドレークはアプーの技をすぐに見切りました

目線と聴覚のトリックを暴くの早すぎると思いませんか?

 

更に、ドレークはローと昔に奇妙な繋がりがあることがローの過去編で明らかにされましたよね。

ドレークは当時バレルズ海賊団の雑用で、「ドリィ」とよばれており、鳥カゴが発生することで逃げることが出来ました。

この時、ローはナギナギの実の力、つまり”無音”であることで生き残ることができました。

ドレークは普通に逃げていきましたが、

今回の説が正しければ、これまでの戦いにおいて、”音”で戦い、生き残ってきたことになります。

 

また、音楽記号について、あまり詳しくはないですが、

「D.S.」といった記号があります。これはディエスと読むXの部分を表しているのでしょうか。

このD.S.の意味は楽譜上のセーニョマークというマークがあるところに戻る。という意味があります。

これはある意味過去に戻る⇒太古の恐竜の能力の示唆でしょうか。

 

また、X、つまり10がスペイン語でディエスと読むという意味もあるでしょうが、なぜXなのでしょう

普通に「ディエス・ドレーク」でも良かったはずですよね。

 

それでは次に、音楽記号で「X」のような記号がこちらです。


f:id:banbibibiii:20211128145216j:image

こちらのXのような記号は、ダブルシャープといった意味で全音上げの意味があります。つまり、音符とセットということになりますよね?

それではここで、ドレークが使っている印象的な武器を見てみましょう。


f:id:banbibibiii:20211128145224j:image

はい、完全一致してませんか?

控えめに言ってもこれ、完全一致ですよね?笑

・Xの形をしたダブルシャープ=斧

・音符=剣

音符とダブルシャープは必ずセットで書かれるものと思いますので、意識されて描かれているものとしか思えません!!

 

以上のことから、

ドレークは音を使う恐竜の能力である!

 

私はそう予想しておきます!

そうなると、現在のCP0対決は、アプー&ドレークの音&音コンビによる音撃によって、

盾の象徴である”イージス”を、

つまり、サイファーポールイージスゼロの防御をものともしないのではないでしょうか。

 

しかし、さらに深読みしていくとすれば、もしかすると"音"対"無音"

つまり、オトオト対ナギナギの戦いになる可能性もあるかもしれません!

それは

・13年前に亡くなったコラソン

・13年前にフーズ・フーが護送していたというゴムゴムの実

この時系列の一致からCP0が亡きコラソンのナギナギの実を入手している可能性は大いにあります。

なぜなら、護送していたのは「ゴムゴムの実だけ」とは言ってないからです。

 

どうなるでしょうか!

 

本日は以上となります!

今回は短めの記事でしたが、いかがでしたでしょうか。

 

ちなみにですが、”こういう恐竜”からヒントを得て、

過去に悪魔の実の秘密について書いた記事もございます。

こちら

 

banbi-onepiece.hatenablog.com

あわせて読んでいただけると嬉しいです!

 

それでは、

最後まで読んでいただきありがとうございます!

じゃ、またね!