ストレス社会にONEPIECEを。

考察/感想/学びや気づきを発信していきます

マルコは鬼ヶ島で死亡する!?5つの根拠【ONEPIECE考察】


f:id:banbibibiii:20211204172456j:image
こんにちは!

ONE PIECE考察・感想・気づきなどなどを発信しているばんびといいます!

今回の考察は、マルコ死亡説です。

思いつきたくなかったですが、ある描写の意味を考えていくとその根拠に見えてくるものがいくつも・・・現実味を帯びてきてしまいましたので、皆さんに共有していきます。

共感いただけたら嬉しいのですが、現実にはなってほしくないですね・・・

順番に解説していきます!

※最新話1033話付近の話も一部含まれますので、まだ読んでない方はブラウザバック推奨です。

 

根拠1:再生の炎にも限界がある

998話において、クイーンのウイルスである氷鬼の一時しのぎとして、マルコがチョッパーや侍達に青い炎を与えてました。
その際、体内の熱を引き出し、体力の限界がきたら鬼になるという説明がされてました。

つまり、再生する炎には限界があり、それはマルコ自身も同様ということ。

そして、それは実は58巻のSBSにおいても、
再生に限界があることが明言されております。

 

根拠2:アラバスタとの対応関係

ルフィがクロコダイルに2度負けたシーンとカイドウ戦が似ているというのは話題になっていましたよね?

また、最新話1033話でのゾロ対キングは、Mr.1との戦いを完全に意識して描かれております。

ワノ国は過去は食物が豊富にあったのに現在は荒廃している。といった点もアラバスタとのリンクを感じます。

現在、味方側の幻獣種のゾオン系は判明している中では
・イヌイヌの実モデル大口真神のヤマト
・トリトリの実モデル不死鳥(フェニックス)のマルコ
がいますが、これもアラバスタとのリンクを感じます。
そう、チャカとペルですね!

ルフィが再び倒され、ルフィが屋上に来るまでの間、ヤマトはカイドウと戦い、足止めをしますが、
同じイヌイヌの実のチャカもクロコダイルを時間稼ぎ・足止めしてましたね!

では、ペルは・・・
時計台にあった爆弾を自らの悪魔の実の力で上空に運び、国民を守りました。

現在鬼ヶ島では火前坊と爆薬があり、それを阻止しようとしている状況。
マルコの"役目"とは・・・

 

根拠3:不死鳥の炎は特殊

第995話において、マルコがビッグ・マムと相対した時に、プロメテウスにダメージが通っておりました。
その時のセリフが
「不死鳥(フェニックス)の炎は特殊なんだよい」

また、その直前のシーンで「まだ自分の役目をわかっちゃいねェ」とも言ってました。

これは、現在どこかへ向かっている亡霊であり、カン十郎のフデフデの能力である火前坊に対して活躍するのではないでしょうか。
これが"役目"というわけです。

イゾウとマルコは放送を聞き、怪物の元へ向かっているような描写も最新話付近で描かれましたよね!

これはもしかすると以前私が考えたこの考察とは矛盾した内容になるかもしれません。

 

banbi-onepiece.hatenablog.com

ただ、可能性としてどちらも思いついてしまったので、今回の説も書いていきます。

この後からの話が私がこの説を思いついたきっかけ・確信に迫っていきます。

もう少々お付き合いください。


根拠4:ルフィへの伝言

ルフィへの伝言のためにネコマムシへ手紙を渡していました。
「遅れるが必ず行く マルコ」

このメモは結局ネコマムシと共にワノ国の鬼ヶ島に上陸したため、ネコマムシの手によって海に捨てられました。

この描写の意味とは・・

伝言だとしたら口頭で良いでしょうし、
結局間に合うのならストーリー上必要のない展開だったことになります。

必要のある展開だとすれば
ただ捨てられたわけじゃなく、あの伝言を海に捨てた後に誰かに拾われて読まれるということが考えられます。

では、誰が拾うのでしょうか。

マルコを"知っている"人物
尚且つ現状ワノ国での"戦闘に関与していない"人物
考えられるのは

・白ひげ海賊団のイゾウ以外のメンバー
・シャンクス
・元ロジャー海賊団

これぐらいでしょうか。


白ひげ&ロジャー海賊団に現在分かっている情報において、遅れて必ず行くというメッセージが届いたところで意味があまり通じないと思われます。

しかし、シャンクスからはうちに来ないかとマルコは過去に誘われていたことから、話としては繋がります。
ただ、紙が流れてきて、それを偶然拾ったシャンクスが、一味入りという決断をその紙切れを持って判断するでしょうか?

であれば上記に挙げたどの人物が拾ったところで意味をなさないことになります。

では、誰に届くのでしょうか。


f:id:banbibibiii:20211204172522j:image

ワノ国には空船という文化があります。
火で船を浮かべ、亡くなった人への弔いをする行事であり、亡き人に想いが届くと言われています。。

つまり、、、メモ紙は何らかの形で空船の燃料となり、
白ひげとエースの2人に届くのではないか。
こう考えました。

このシーンの「大物が2人死んで」というのもなんだか妙なリンクを感じますね。

 

999話において、エースの過去が描かれた際に、エースは白ひげからワノ国にいくのを止められました。
しかし、イゾウとマルコは、おでんのことを思いながら
オヤジのGOサインがでたら誘ってくれ」といったことを言ってました。
現在、その"オヤジ"エースはもういません。

白ひげの残党は"自由"とも言ってたことから、GOサインは出てないけどワノ国に来たということでしょうが、
この
「GOサイン」「誘ってくれ」「遅れるが必ず行く」

これらのセリフがリンクしているように感じるのは私だけでしょうか。

マルコは"オヤジ"とエースのいる天国へ遅れて行くのでは。
カイドウの敗北を見届け、おでんの無念を晴らした直後に。

 

根拠5:夜明け


現在、キーワードの1つとして、「夜明けへ導く者」という言葉がヤマトや錦えもんから語られております。
それはルフィやモモの助を指して語られます。

 

「~だよい」といった語尾が特徴的なキャラクターマルコ。
よい=とは
①日が暮れて間もない頃、日暮れから夜中までの間
②夏に行われる祭の前夜
のことです。

マルコは夜明けを共に見れないのではないでしょうか。
宴・火祭りの目前である現状の鬼ヶ島で、"役目"を全うしてしまうのでしょうか。

 

以上です。

これらがマルコ死亡説の根拠でした。
正直、死んで欲しくないのは当たり前の話ですが、なんだかルフィへ残したメモを見てるとひょっとして…??
と思ったので書かせていただきました!

今まで書いてきた中で1番外れて欲しいです。
お願いします。

 

本日は以上となります!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

じゃ、またね!

 

Twitterやってます↓↓↓

ばんび🦌onepiece考察 (@ONEPIECE_banbi) / Twitter